名古屋市名東区にあるバレエスタジオ

 

教室への想い

ナナバレエスタジオが大事にしている
3つのこと

●バレエの上達と楽しさ
●個性を引き出して生かし自信をつけ強い心を育てる
●チャレンジする勇気を育てる

 

私は1人1人の性格も把握して良いところを活かして伸ばして
課題が見つかれば一緒に模索して乗り越えていきたいと思っています
(バレエの技術だけでなく)

 

コミュニケーションを多くとり、良くも悪くも言葉に出さなくても何となく気持ちが察すれるような

寄り添えるほど近い存在、濃い関係でいたいと思っています。厳しい言葉も褒める言葉も信頼関係を築いた上でたくさん話していきます。

バレエとの時間が長くなるほどその子たちの成長が色々な場面で見れて嬉しくなるのも私と保護者様の幸せの1つです♡

指導のこだわりは、注意を受けてビクビク怖がるのではなく、「もっとアドバイスください!」的に前のめりになれる
そんな言い方、指導を心掛けています

だって、お稽古場は失敗してなんぼの所。アドバイスを受けて改善して上達するためのポジティブな場所となるはずです
また年齢が上がるにつれて、自分で考えることも大切になってきます。「なぜこうなった?」「何でできないのかな?」を考えて、自分なりに改善策を見つけることで確かな技術となって身に付いていきます。この向き合うことが心の成長にも繋がります
そんな雰囲気を作ることと、考えることを促す言葉掛けこれも大切だと思っています

 

 


スタジオの特徴

特徴①
【バレエのためのピラティス※1】をバレエのウォームアップに取り入れています

特徴②
幅広いクラス設定

特徴③
61㎡の広い空間

特徴④
腰、足に負担のない床設計

 特徴⑤
幼稚園教諭免許取得 生かした指導

 

※1 なぜピラティスがバレエにいいのか?

ピラティスは背骨のワークが多く骨から整えてくれますが

それに加えてバレエを踊る時に使いたい筋肉に対して、自分でスイッチを入れる感覚を掴み取ることができます

バレエに特化したピラティスです

バレエを踊る時に必要な「ここ働いて欲しい!」って筋肉が、どう動いて欲しいのかをピラティスの動きを借りて感覚に

落とし込んでいきます

また、引き伸ばしながらタンジュをする感覚、背骨を引き伸ばしながらプリエで着地する感覚、股関節にはめ込みながらアンディオールする感覚が掴め、踊りの安定に繋がります。頭の中のイメージが体と繋がりコントロール力が増します


加藤 奈々プロフィール

松岡伶子、松岡璃映、エレーナ・ポタポワ、ワレリー・コフトン、N・ボリシャコーワ、V・グリャーエフ、に師事

1981年
越智インターナショナルバレエにてバレエを始める

1994年
松岡伶子バレエ団付属研究所入所

 松岡バレエ団アトリエ公演ゲスト振付家 篠原聖一氏の作品で主役を踊る

2003年
バレエ団本公演「ジぜル」を踊りプリマとしてデビュー

2004年
バレエ団本公演「白鳥の湖」でオデットを踊る

       武豊、 ダイドーニューイヤーコンサートでもオデットを踊る

2006年
バレエ団本公演「シンデレラ」主役を踊る

    他バレエ協会中部支部公演「火の鳥」(深川秀夫作品)に出演

[受賞歴]

1992年
全国バレエコンクール in Nagoya
ジュニア部門 第3位

1993年
全国コンクール in Nagoya
シニア部門 第2位

2000年
埼玉全国舞踊コンクール 成人の部
奨励賞

[バレエ教師歴23年]
 2013年 NaNa Ballet Studio 開講
 
[資格]

BASI ピラティス インストラクター
バレトン ソール・シンセシス インストラクター
ザ・スロー®バレリーナスタイル マスタートレーナー
幼稚園教諭

【生徒コンクール受賞者実績】

2019年
NBAコンクール名古屋 中学3年の部
6位の3 鈴木雪乃

2020年
NBAコンクール大阪 高校1年の部
3位の2 鈴木雪乃